ペット用骨壷 『天竺の壺』 永劫あまくさ ペット骨壺販売店

会社概要
グループ会社
天竺の壺とは
天竺の壺詳細
写真カード加工

5寸 骨壷
3寸 骨壷
山の口焼
付属品(桐箱等)
写真カード加工
商品購入の流れ

お問い合わせ
よくある質問
天草陶石とは
リンク
個人情報の取扱について

天草陶石とは ペット用骨壷 天草 永劫あまくさ
 ■天草陶石とは
江戸期を代表する才人平賀源内は、長崎で中国・オランダから高級な陶器が輸入されるのを見て、また天草深江村の土が製陶に適しているのに気づき、1771年(明和8)年、時の天草郡代に提出された建白書『陶器工夫書』の中で

「陶器土右之土天下無双の上品に御座候」

と記しています。
ここで言う「陶器土」とは天草陶石のことで、源内はこれを絶賛しています。

さらに『工夫書』は職人を仕込み、外国から輸入した陶器を手本にする等の工夫で技術の向上を図る事により「随分宜焼物出来可仕候」(いい焼き物ができますよ)とし、こうやって外国に負けない良質の陶器を作れば、日本人が高級な外国陶器を輸入し買うこともなく、むしろ「唐人阿蘭陀人」等がこれを買い求めて、それが「永代の御国益」(国の経済にとっても有益となる)と明言しています。

この建白書『陶器工夫書』は、田沼意次のはからいで長崎遊学した折に源内が書いたものですが、天草陶石の産地化を提言した初めての文書を、当時殖産興行の指導者平賀源内が作成したのは画期的です。



COPYRIGHT(C) 永劫あまくさ ALL RIGHTS RESERVED.